大竹七未 Nami Otake

生年月日 1974年7月30日
出身 東京都町田市

プロフィール
三浦淳寛夫人の大竹夕魅は双子の妹。
8歳の頃にサッカーを始め、13歳で妹・由美と共に1989年に読売ベレーザ(現・日テレベレーザ)入団しフォワードとして活躍した。
読売ベレーザの選手としてL・リーグ4度の優勝。全日本選手権(現皇后杯)4度の優勝。
L・リーグ新人賞、アジア選手権優秀選手、ベストイレブン2回、L・リーグで100得点第一号を記録し(通算104得点)1998年にプロ契約を結んだ。
日本代表として、アトランタオリンピック、スウェーデンW杯、アメリカW杯、アジア大会など数多くの国際大会に出場。アメリカW杯では、日本人唯一のゴールを決めた。
国際Aマッチ46試合出場30得点2001年に現役引退。引退後は指導者としても活躍した。2021年3月に「ATSサッカークラブ」代表に就任。
現在はテレビなどに解説者として出演。日本サッカー協会公認B級コーチ、女性初となるJFAアンバサダー、JFAこころのプロジェクト「ユメセン」メンバーを務める。私生活では41歳で第1子を出産している。
キャリア
1987年- 読売ベレーザ(現・日テレベレーザ)入団
1991年- U-21日本代表
1993年- 日本代表、アジア選手権銅メダル
1994年- アジア大会銀メダル

1995年- W杯スウェーデン大会ベスト8、アジア選手権銀メダル
1996年- アトランタオリンピック出場
1997年- アジア選手権銅メダル
1998年- プロ契約を結ぶ、アジア大会銅メダル

1999年- W杯アメリカ大会出場(日本唯一のゴールを決める)、アジア選手権4位
2001年- 現役引退

L・リーグ通算157試合出場104ゴール
日本代表通算46試合出場30ゴール
主なタイトル
・1990、91、92、93、2000年L・リーグ優勝
・1987、88、93、97、2000年全日本選手権(現・皇后杯)優勝
・1989年L・リーグ新人賞1999年アジア選手権優秀選手ベストイレブン2回

指導歴
・2010年東京国際大学女子サッカー部監督就任
・2011年関東大学女子リーグ3部全勝優勝で2部昇格
・2012年関東大学女子リーグ2部全勝優勝で1部昇格
・2013年インカレ初出場(創部3年目で3位の好成績)

講演テーマ
・女子サッカー界に学ぶチームマネジメント
・逆境を力に~夢に向かって~
・夢の実現~努力と継続から得られるもの~
・選手の立場、指導者の立場
・努力と継続、そこから得られるもの、苦労して身に付けたものは一生もの!

メディア露出歴(2019~2021)
・フジテレビ「ジャンクSPORTS」
・TBS 「第29回全日本女子高校サッカー選手権大会」
            「キニナルマーケット」通販番組
            「ひるおび!」
            「朝チャン!」
・MBS 「スポーツ内閣」
・神奈川テレビ「なでしこリーグ」
・静岡SBS 「みなスポ!」月一レギュラー出演
・MBSラジオ「松井愛のすこーし愛して」

・CM YKK AP ラクシー

現在のサッカー指導
・「ATSサッカークラブ」
・スクール指導
・大人クリニック開催
・中学生男子のサッカー指導など

趣味
・韓国ドラマ鑑賞
・ファッション